日本のカジノ事情あれこれ

日本のカジノ事情についていろいろと考えてみる

良い感じで進んでいると思っていた、『カジノ推進法案』
 
民主、自民両党がそれぞれ24日、党内で関係会議を開き、自民党は早々に了承したのに対して、民主党は「ギャンブル依存が増える」との反論が出てまとまっておらず、足踏み状態のようです。
 
記事の内容は、一番下の『オンカジ』のリンクから見ることができます。
 
マカオなどを見てもわかるように、カジノは、経済効果や雇用促進にかなり貢献しているのがわかります。
 
パチンコや競馬や宝くじでは、海外からの観光客は呼べません!
しかも、パチンコや競馬や宝くじは、カジノよりもペイアウト率が低く、プレーする人たちは、かなり損をしていると思います。
 
ペイアウト率とは、ギャンブルにおいて勝つ可能性の確立を表していて、プレーする人が賭けた金額のうち何%戻ってくるかを表したものです。
 
下記に、表を載せておきます。
これを見ると宝くじを買いたくなくなりますし、パチンコや競馬もやりたくないですね。(カジノができたらですが・・・)
 

 
上記に比べ、カジノは、90% 近いペイアウト率があると言われています。特にオンラインカジノに関しては、97% もあるようです。
 
これは、言い換えると、1万円使うと、9700円が戻ってくる可能性があるということですね。
 
現在、日本の公的ギャンブルがどれだけプレーヤーに不利なのかがわかりますよね。
 
 
「オンカジ」で、カジノに関するニュースやオンラインカジノ情報を配信してます。興味のある方は見てください!!
 
>>オンラインカジノの情報満載!!『オンカジ』
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に